トップページ


%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8b

タクシードライバーは、街中を流したり、タクシー乗り場で待機したりすることでお客さんを探し、お客さんを乗せて車を走らせます。基本的に、24時間稼動しているため、ドライバーの裁量で勤務時間を選べます。自由に勤務時間を選べるということは、とても大切なポイントになりますが、次に気なるのは、タクシードライバーは稼げるのか?ということですよね。

タクシードライバーは本当に稼ぐことができる?

まず、東京都内のタクシー会社における平均営業収入(営収)は42,000円前後。
このうち、60%程度があなたのお給料に反映されるので、42,000円×60%=25,200円。
タクシー業界でもっともスタンダードな隔日勤務の場合月間12乗務なので42,000円×12乗務×60%=302,400円となります。 法の許す最高の13乗務をすれば327,600円となります。
これが平均となります。普通にやってさえいればこれだけは稼ぐことが出来るということです。 もちろん、普通以上に努力をすれば更にお給料も上がります。どんな業種も同じですが、慣れてきて、人一倍の努力をすれば稼げるようになります。
⇒ 稼ぐならタクシー転職道

おすすめのタクシー会社 東洋交通株式会社

東洋交通株式会社

日本交通グループ☆3ヶ月42万円保障!完全日曜定休!!》《年3回の大型連休!!☆都内最大級の環境と設備が整っています!!【会社説明会随時開催中!】

所在地:東京都北区浮間5-4-51
TEL:03-5970-9325

『日曜定休』×『日本交通グループ』ゆとりをもって働ける最強コラヴォレーション!

★給料保障《3ヶ月42万円!! 》未経験者限定!!
ーーーーーーーーーーーーーーーー
日本交通グループでも最高額の42万円を支給!!
厳しいノルマ等は無く、規定の乗務をしていただければ、売上に関わらず42万円を保障。
運転や接客に不安があっても大丈夫です。お客様に対する謙虚な気持ちさえあれば売上も自ずとあがってきます。弊社も最大限バックアップいたします。運転の仕方、お客様との接し方、車載器の使い方、そして稼ぎ方等。一から教育をしますので、3ヶ月後にはいつのまにか一人前のドライバーになっています。誰しも最初は不安があると思いますが、私どもと一緒に一つひとつ解決していきましょう。

★業界異例!! 《完全日曜定休!!
ーーーーーーーーーーーーーーーー
弊社は『都内で初めて』日曜定休制度を掲げ、今日に至っております。もちろんこれからも日曜定休制度は変わりません。創業して60年以上、創業時から社員を第一に考えていたからこそできた制度でございます。家族、友人との時間をしっかりと共有していただき、何より自分の時間を大切にしていただきたい。最もワークライフバランスに優れた環境を提供いたします。

★業界異例!!年3回の《大型連休!!
ーーーーーーーーーーーーーーーー
GW、お盆、お正月は乗務員全員に大型の連休制度を完備。例年、明け番込みで最大5連休の長期休暇がございます。 家族サービスや、趣味の時間にあてるもいいですし、海外旅行も行く社員もいます。

⇒ 東洋交通株式会社

おすすめ、注目の5社

タクシー乗務員(タクシードライバー)の求人募集を行っている、おすすめ、そして注目の5社を紹介いたします。
東洋交通株式会社(北区)、栄自動車株式会社(足立区)、栄自動車株式会社(足立区)、
つばめ交通株式会社(足立区)、日交美輝株式会社(足立区)は、それぞれ、給料保障制度、
完全日曜定休、住宅支援制度などに特徴をもった会社です。
まずはじっくりと内容をご覧ください。

⇒ おすすめ、注目の5社

タクシードライバー(タクシー運転手)とは

タクシードライバー(乗務員)は、街中を流したり、タクシー乗り場で待機したりすることでお客さんを探し、お客さんを乗せて車を走らせます。基本的に、24時間稼動しているため、ドライバーの裁量で勤務時間を選べます。タクシー運転手になるためには、タクシー会社に勤務するのが一般的ですが、厳しい条件をクリアできれば個人タクシーとして営業も可能です。

平均月収33万円タクシー転職道

タクシードライバーに必要な資格

稼ぐならタクシー転職道

山田清機 (著) 東京タクシードライバ

「夢破れても人生だ。夢破れてから、人生だ。」
13人のタクシー運転手を見つめた、現代日本ノンフィクション。全国各紙の書評に取り上げられ、絶賛の嵐を呼んだ単行本の文庫化。2014年新潮ドキュメント賞候補作。

13人の運転手を見つめた、現代日本ノンフィクション。妻に逃げられた元ホームレス・石原裕次郎に「タメ口」をきいた男・気の優しい、いじめられっ子が持つ誇り…。事実は小説よりせつなくて、少しだけあたたかい。著者、渾身の傑作。第13回新潮ドキュメント賞候補作。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加